御浜石を使った 天然の涼を感じる 滝水石枕

 

熊野川

奈良県、和歌山県、三重県の3県にまたがって流れている全長183キロメートルの一級河川 熊野川。

古くから熊野詣での「川の参詣道」として利用され世界遺産にも登録されています。

熊野川は日本を代表する歴史と文化を兼ね備えた清流です。その熊野川から流れて堆積した砂利が「御浜石」と呼ばれています。

 

 

天然御浜石

 

 

滝水石枕に使用されている御浜石は自然の流れでほぼきれいに角が取れた自然石です。頭部に当ててもゴツゴツ感がない3mm~5mmサイズの石を使用しています。この大きさの石は、採取された中からごくわずかしか採ることができません。

熊野川から流れてきた砂利が堆積し、三重県南部の七里御浜を形成しました。七里御浜で黒潮の波に洗われ、丸い形になった砂利が「御浜石」と呼ばれています。

石で「頭寒」効果!

 

 

心地よく眠るためには頭部を冷やして、足元を暖めることがおすすめです。天然石は適度なひんやり感で頭部をほどよく冷やします。
それに角がとれた御浜石の特徴と、表面の凸凹構造によって
頭部の熱こもりをやわらげることができます。

 

商品ラインナップ

 

 

 

<フラットタイプ>

滝水石枕のフラットタイプは

小サイズ(45×35cm)と63×43cmの2タイプあり

低(3cm)・中(6cm)・高(9cm)と

ご自身にあった高さを選ぶことができます。

(小サイズは中のみとなっております)

 

<フィットタイプ>

表面に石を詰め、肩や首がフィットしやすいよう

低反発ウレタンがカーブした形になっています。

集めと薄めの2枚の高さ調節シート付き。

薄めタイプはタテに3分割されているので

高さの部分調節も可能です。

御浜石を使った 天然の涼を感じる 滝水石枕

 

熊野川

奈良県、和歌山県、三重県の3県にまたがって流れている全長183キロメートルの一級河川 熊野川。

古くから熊野詣での「川の参詣道」として利用され世界遺産にも登録されています。

熊野川は日本を代表する歴史と文化を兼ね備えた清流です。その熊野川から流れて堆積した砂利が「御浜石」と呼ばれています。

 

天然御浜石

滝水石枕に使用されている御浜石は自然の流れでほぼきれいに角が取れた自然石です。頭部に当ててもゴツゴツ感がない3mm~5mmサイズの石を使用しています。この大きさの石は、採取された中からごくわずかしか採ることができません。

熊野川から流れてきた砂利が堆積し、三重県南部の七里御浜を形成しました。七里御浜で黒潮の波に洗われ、丸い形になった砂利が「御浜石」と呼ばれています。

 

石で「頭寒」効果!

心地よく眠るためには頭部を冷やして、足元を暖めることがおすすめです。天然石は適度なひんやり感で頭部をほどよく冷やします。
それに角がとれた御浜石の特徴と、表面の凸凹構造によって頭部の熱こもりをやわらげることができます。

 

商品ラインナップ

 

<フラットタイプ>

滝水石枕のフラットタイプは

小サイズ(45×35cm)と63×43cmの2タイプあり低(3cm)・中(6cm)・高(9cm)とご自身にあった高さを選ぶことができます。
(小サイズは中のみとなっております)

 

<フィットタイプ>

表面に石を詰め、肩や首がフィットしやすいよう低反発ウレタンがカーブした形になっています。集めと薄めの2枚の高さ調節シート付き。

薄めタイプはタテに3分割されているので高さの部分調節も可能です。