2016年12月より洗濯表示が新しくなりました。

大きく5項目の7種類に分かれており、それらは以下の順に並んでいます。

1.洗濯

2.漂白

3.乾燥(自然・タンブル)

4.アイロン仕上げ

5.商業クリーニング(ドライ・ウェット)

従来の表示方法から「家庭でのタンブル乾燥」と「商業クリーニングのウェットクリーニング(クリーニング店での水洗い)」が

追加されました。

文字で表わすのではなく、記号と数字で「強さ」「温度」「禁止」を示しています。

洗濯表示には取り扱うための大切な情報がたくさん入っています。

これらの表示をきちんと確認していただくことで、より良い状態で長くお使いいただけます。

新洗濯表示図柄

               


旧表示記号 新表示記号 意味

 液温40℃を限度とした、洗濯機で通常の洗濯ができる
 液温40℃を限度とした、洗濯機で弱い洗濯ができる
 液温40℃を限度とした、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
 液温30℃を限度とした、洗濯機で通常の洗濯ができる
 液温30℃を限度とした、洗濯機で弱い洗濯ができる
 液温30℃を限度とした、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
 液温40℃を限度とした手洗いができる

(手洗いとは「押し洗い」「降り洗い」など手でやさしく洗う行為です
 家庭洗濯はできない

旧表示記号 新表示記号 意味
 塩素系及び酸素系漂白剤が使用できる
 酸素系漂白剤のみが使用できる

(※毛・絹は粉末タイプの酸素系漂白剤を使用できない)

 漂白剤は使用できない

漂白剤を使用する場合

漂白剤の種類 塩素系漂白剤 酸素漂白剤
粉末 液体
特徴
使用できるのは白物のみで
素材も限られます
基本的に白物や色柄ものに
使用できるが、
使用できない素材もある
白物や色柄物に使用できる
(毛・絹に使用できるものも多い)
記号との適合
×
(毛・絹は×)
×
×
×

旧表示記号 新表示記号 意味
 脱水後、つり干しがよい(日向での乾燥ができる)
 脱水後、平干しがよい(日光での乾燥ができる)
 脱水後、日陰でのつり干しがよい
 脱水後、日陰での平干しがよい
<タンブル乾燥機>

洗濯物を回転させながら温風で乾燥する衣類乾燥機には

洗濯と乾燥の一体型の洗濯機と回転式衣類乾燥機の2種類があります。

旧表示記号 新表示記号 意味
 底面温度200℃を限度とした、アイロン仕上げができる
 底面温度150℃を限度とした、アイロン仕上げができる
 底面温度110度を限度とした、アイロン仕上げができる
 アイロン掛けができない

旧表示記号 新表示記号 意味
 パークロロエチレン及び石油系用剤でのドライクリーニングができる
 パークロロエチレン及び石油系溶剤での弱いドライクリーニングができる
 石油系溶剤でのドライクリーニングができる
 石油系溶剤での弱いドライクリーニングができる
 ドライクリーニングはできない
旧表示記号 新表示記号 意味
該当無し
 ウェットクリーニングができる
 弱いウェットクリーニングができる
 非常に弱いウェットクリーニングができる
 ウェットクリーニングはできない

 

2016年12月より洗濯表示が新しくなりました。

大きく5項目の7種類に分かれており、それらは以下の順に並んでいます。

1.洗濯

2.漂白

3.乾燥(自然・タンブル)

4.アイロン仕上げ

5.商業クリーニング(ドライ・ウェット)

従来の表示方法から「家庭でのタンブル乾燥」と「商業クリーニングのウェットクリーニング(クリーニング店での水洗い)」が

追加されました。

文字で表わすのではなく、記号と数字で「強さ」「温度」「禁止」を示しています。

洗濯表示には取り扱うための大切な情報がたくさん入っています。

これらの表示をきちんと確認していただくことで、より良い状態で長くお使いいただけます。

 

 

新洗濯表示図柄

 

               

 

 


 

旧表示記号 新表示記号 意味

 液温40℃を限度とした、洗濯機で通常の洗濯ができる
 液温40℃を限度とした、洗濯機で弱い洗濯ができる
 液温40℃を限度とした、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
 液温30℃を限度とした、洗濯機で通常の洗濯ができる
 液温30℃を限度とした、洗濯機で弱い洗濯ができる
 液温30℃を限度とした、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる
 液温40℃を限度とした手洗いができる
(手洗いとは「押し洗い」「降り洗い」など手でやさしく洗う行為です
 家庭洗濯はできない

 

 

 

 

旧表示記号 新表示記号 意味
 塩素系及び酸素系漂白剤が使用できる

 酸素系漂白剤のみが使用できる

(※毛・絹は粉末タイプの酸素系漂白剤を使用できない)

 漂白剤は使用できない

 

漂白剤を使用する場合

漂白剤の種類 塩素系漂白剤 酸素漂白剤
粉末 液体
特徴
使用できるのは白物のみで
素材も限られます
基本的に白物や色柄ものに
使用できるが、
使用できない素材もある
白物や色柄物に使用できる
(毛・絹に使用できるものも多い)
記号との適合
×
(毛・絹は×)
×
×
×

 

旧表示記号 新表示記号 意味

 脱水後、つり干しがよい(日向での乾燥ができる)

 脱水後、平干しがよい(日光での乾燥ができる)
 脱水後、日陰でのつり干しがよい
 脱水後、日陰での平干しがよい

 

 

 <タンブル乾燥機>

 洗濯物を回転させながら温風で乾燥する衣類乾燥機には

 洗濯と乾燥の一体型の洗濯機と回転式衣類乾燥機の2種類があります。

 

 

旧表示記号 新表示記号 意味
 底面温度200℃を限度とした、アイロン仕上げができる
 底面温度150℃を限度とした、アイロン仕上げができる
 底面温度110度を限度とした、アイロン仕上げができる
 アイロン掛けができない

 

 

旧表示記号 新表示記号 意味
 パークロロエチレン及び石油系用剤でのドライクリーニングができる
 パークロロエチレン及び石油系溶剤での弱いドライクリーニングができる
 石油系溶剤でのドライクリーニングができる
 石油系溶剤での弱いドライクリーニングができる
 ドライクリーニングはできない
旧表示記号 新表示記号 意味
該当無し
 ウェットクリーニングができる
 弱いウェットクリーニングができる
 非常に弱いウェットクリーニングができる
 ウェットクリーニングはできない